くらむ本

たまに書く

【アニメ/映画】"打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?" 感想

f:id:kuramu000:20170822202222p:plain

※ネタバレありますので、ご注意ください。
※もし興味が出た人は、是非是非みてください。


◆公式サイト(下記リンク)◆

 


◆感想
色々と酷評されていてドキドキしていたのですが、見てきました。
私の感想としては、昔よくあったベタなSF作品だなーって思ったぐらいで、そんなに悪い作品だとは思わなかったんですね。

 今、あの実写版をアニメでそのままやっても描かれてる環境が古すぎて、ノスタルジーを得られたり、共感を得られたり。と言うのは凄く難しいんじゃないかなぁと思っていて、だから、今の世代に受け入れられるようにアレンジを加えたんじゃないかなぁと推測しています。

今の30歳前後ぐらいのハルヒセカイ系の作品に埋もれていた人達にとってはクリティカルヒットだったんじゃないかなぁとおもっています。 

凄く低評価連打している人が多いですが、これは「君の名は。」からのアニメ映画バブルがあって、あの予告編を見ただけだと、やっぱり同じような作品なんだろうなって連想しちゃいますし、その視聴者の心構えの問題、ギャップだったのかなぁと感じています。
よく言われているのが「エンタメ」と取るか、「文学」と取るかの違いですかね。

私は、実写版のドラマも見ていましたし、私はその他の同監督の作品を結構みていたりしたので、心構えが出来ていたからこそ、そんな騒ぐほど悪く無いじゃん。と言う印象を抱いたのかもしれません。
めちゃくちゃ人を選ぶ事間違いありませんが、映画を見て考えて、語り合うのが凄く面白い作品だな。って感じています。

 

 

◆もしも玉?の演出について
これ、気がついている人結構いまして、実際に指摘もされているんですけれど、作中の中で不自然なまでに”回転するモノ”の描写が数多く描かれていたんですね。
風力発電機(風車)とか、学校の階段とか。

これ、最初の主人公たちがいた世界では、「時計回り」になっていて、もしも玉を投げた後からの世界では「反時計回り」に回るようになっていました。

そして、最後のエンディング、花火師が打ち上げた”もしも玉”から出来た空間の渦巻きは、「時計回り」になっていたんですね。

つまり、これは現実世界に二人は戻ると言うことを表現しているんですね。

※これ、後で友達に教えてもらって知りました。
※最初はもしも玉壊れたからなんだなーって思ってました。

 


◆最後の教室の演出について
これは、本当に意見が分かれるところだと思うんですけれど、現実世界の点呼で、そこに居なかった。と言うのは、主人公とヒロインの二人は、もしも玉に頼らず自分たちの足で選び取った世界に行ってしまったから。
だから、あの点呼のシーンにいなかったのではないか。と考えています。

 


◆なずなちゃん、えっち。
くっそえっち!!!!!!!!!!!!
わいが中学生だったら、映画中に射●3回くらいしてた。

 

おしまい。

f:id:kuramu000:20170822202325j:plain

【趣味/映画】"リベリアの白い血"感想

f:id:kuramu000:20170813170548j:plain

 

◆公式サイト(下記リンク)◆

 


◆あらすじ
おっす!俺シスコ!主人公だ!よろしくな!
俺は、リベリアって言う国のゴム農園で働いてる!
けど労働環境とかめっちゃ過酷だし、もう俺は切れた。
みんなでストライキする!俺は、、、神になる……!
……あいつら、ストライキ放棄しやがった。
はー、まじやってらんねぇーわ。アメリカで働くわ。

 

※※※大体嘘なので、公式HP見てください※※※

 

一言にまとめると、貧しい国(リベリア)での生活と、移民として(アメリカ)の生活の2つが描かれている物語です。

 

 

ロングトレイルの物語
一言で言うと、この物語は凄く今の時代にあったロングトレイルを描いた作品だと感じました。

 

この作品があのような結末を描いたのは、「私達が生きている"今現在に横たわっている問題"である」「そしてその問題は市場(社会)に生きている私達からすると、ずっと深刻で、なかなか気づけ無い問題である」と言う問いかけをしてくれているような気がしています。

 

この物語の、あの結末の後、シスコはどうなったのか?救いはあるのか?
それは、"今を生きている私達の問題"でもあります。
シスコの未来を明るくしたいのであれば、私達が"今"を変えることで証明をしたらいいのではないか。
それが、シスコに未来を与えるのだと、強く問題提起をしてくれている一作だと感じました。

 

 

◆物語の背景
なぜ、そう感じたかと言うと、色々な要因があるかと思うんですけれど、一つは、アメリカの大統領選挙でトランプさんが当選した事と言うのは、一つのグローバリズムからナショナリズムへの回帰でもあると言う事。
その事が日本と言う国のメディアを通した視点から見ていた立場からすると、その結果と認識にズレがあって、それは私達って"市場に生きていた"と言う証明につながってくると思うんですよね。

 

日本の子供の貧困問題にしてもそうで6人に1人が絶対的貧困ですよ。とか言われても、身近に例がない(市場に生きているから本当にヤバイ状態になっている人達に気づけない)から、実際の数値と自己の認識にズレが生じてしまうんですよね。


そういった事に対して、凄くうまく切り込んでいて、
そして、その先を繋いでいく。そう言った作品だと感じました。

 

 

◆最後に
上映館は少ないですが、もし興味が出た人は、見ていただけると嬉しいです。

リベリアの白い血」「ブランカとギターひき」と言うような作品を日本人の監督が描いていると言うのが凄く面白いですね。
これからの映画業界を第一線で盛り上げていってくれる人達だと思います。
要チェックですよ!!

 

 


結局は変わらない世界、それでも自由を知りたかった

これは、そんな男の物語

 

f:id:kuramu000:20170813170605j:plain

 

 

【アニメ/映画】"夜明け告げるルーのうた"感想

f:id:kuramu000:20170807201039j:plain

※※※物語の本筋はあまり書きません。思った事だけまとめます。

一言で言って、最高でした。湯浅マジック炸裂。最高に心地いい。
今のところ、今年最高のアニメ映画だと考えています。
これは、全てのモノに捧ぐ救済の物語だと感じました。

 

◆視聴者に対する"救済"
物語の文脈が優しすぎて、もう素晴らしい!と言う一言なんですよね。
ちょっとした思い違いすれ違いをしてしまった人や人魚と言う存在をよく思っていない人、そして、夢に敗れて地元に戻る選択を選ぶことしかできなくなってしまった人。
そういったニンゲンだけではなく、犬と言った動物たちもあるがままを受け入れ、救った。

自分は人生の敗者なんじゃないか?と、そう思っていた人達に「いや、そうじゃないんだよ。ちょっと考え方を変えたらいいだけなんだよ」と背中を押してくれる。

 

『君の”好き”は、僕を変える』

 

まさしくこのキャッチコピーにふさわしい。
慈愛に溢れた、本当に優しい今の時代だからこそ、叫ばないといけない物語です。

 

◆作り手に対する"救済"
このアニメーション映画、素晴らしいのが20人に及ばないスタッフ数で作り上げたと言うことや、制作にあたっては絶対に残業をさせない定時帰宅を徹底させた。と言う点がもう素晴らしくて、アニメーション制作に携わっている人達にとって、間違いなく希望の光になる事例だったんじゃないかなぁと感じています。

 

◆世界に対する"救済"
そしてこの物語はアヌシー国際アニメーション映画祭で、ノミネートされた歴史に名を刻む作品となりました。

この物語の文脈が世界で受け入れられたと言うこと、それは、この世界で生きている人達が少なからずとも、今の時代に対して息苦しいところを感じていて、それを慈愛をもって救済したと言う文脈に少なからずとも共感した人が多かったからなのではないでしょうか。


あなたの”好き”が世界を変えるのだと、本当に光を与えてくれる希望に満ち溢れた映画だったと、そう感じています。

 

◆もし興味が出たら、、、
もう上映は数ヶ月前に終わりましたが、2017/10/18に円盤の発売が決まりました。
また、小説としても発表されています。
もし興味があるかたは、調べてみていただければと思います。

 

小説 夜明け告げるルーのうた

小説 夜明け告げるルーのうた

 

 

 

ぼくは"アイ"を証明しようと思う。

数ヶ月前、ぼくは以下のブログを書きました。

 

【雑記】死にたがりの道化達へ:クラム本 - ブロマガ

 

そして、そこから先に一歩。
ぼくが今至っている"思想"の大筋をざっくりとここにまとめます。
色々と経緯はありますが、そのあたりは割愛です。
まだ、確信めいたものが得られるほどの力がまだ足りない。もっと勉強しなければ。

 

◆"生きた意味"がたいせつ
前回のブログ(上記参照)で語ったのは、"死にたければ死ねばいい"と言うお話でした。

んで、結局なぜそう至ったかと言うと、"私自身が誰かを救えないから"と言う一面だけではなく、"人生"と言う大きな流れで一生を考えて見た時に、結果として必要な事は何なのか?と考えてみると、"そこに意味があったかどうか?"が一番重要だと思ったんですよね。

 

「生きているか」「死んでいるか」と言う視点で考えるのではなく、
「意味があったか」「無かったか」と言う視点が大切と言うお話ですね。
だからこそ、"死にたければ死ねばいい"のです。

 


◆私の前提にある"思想"
"求道"と"覇道"と言う言葉を使ったり、私の前提としてある思想は、
以下の記事達がうまく表現できているのかなと考えています。

 

【アニメ/映画】"聲の形"みてきた感想とかネタバレ:クラム本 - ブロマガ

【雑記】"思考"を変えれば少し人生がラクになる:クラム本 - ブロマガ

 

 

◆"I"の証明
上記に述べた2つをあわせて、話を進めます。

"意味を求める"に当たって必要なのは、人生における刹那を輝かそう。
その場で死に至るとしても、そこに意味はあったと、後悔がないように生きよう。
そのために、私は”I”であろう。

ただ、純粋に、"私が私である"と言うことを追い求めれば、
そこに意味はきっと生まれるのではないかと思っていいます。

いつまでも「昭和の人生すごろく」のような環境や
価値観に縛られる必要など無いのです。

"I"に至ろうとする意思があれば、そこに意味はきっとある。

 

 

◆"愛"の証明
ですが、それを全員が全員やることは、なかなかに難しい。
ならば、そこに"愛"があればいい。

 

「価値を生むもの」だけでは"価値"と言うのは成立しないのと一緒で、全ての人は、ただそこに有るだけで、意味はあったと。
その人の価値観や言葉を理解することは不可能であれど"愛"を持ってして、その人魂を生き方を肯定する。

 

であれば、そこに意味はあった。

だからこそ、改めて言わせてほしい。

 

私がその"巡りくる想いに祝福を"与えるから"死にたければ死ねばいい"と。

 

 

よければ以下記事もどうぞ。 

【雑記】たった一つの冴えた生き方:クラム本 - ブロマガ

【雑記】相模原事件から考えたこと:クラム本 - ブロマガ

【雑記】瀬戸内寂聴さんの発言に思ったこと:クラム本 - ブロマガ

 

そんなかんじで。
おしまい。

 

 

 

 

 

 

エロゲはもうゴールしてもいいよねって思った話

エロゲを10年くらい前からプレイしてきましたが、もうエロゲはゴールしてもいいんじゃないか。と考えて、そして言葉にしたことをまとめておきます。

 

 

◆友達が卒業した

いや、もうこの一言に全て集約されてしまうんですけれど、エロゲの情報や感想について長い間共有してきた友人が、もうゴールだよね。って辞めてしまったんですよね。

それが一番大きい要因だろうなぁと思っていますが、女々しい言い訳を書いておきます。

 

 

◆時間に対するコスパが悪い

近年話題になったタイトルをプレイしてみても、もうほんと何が楽しいんだかわかんねぇって途中から苦痛になるモノが増えてしまったんですよね。

 

ゲームクリアにたどり着くまでに掛かるプレイ時間とそこから得られるセンスオブワンダーを考えてみると、これなら映画とかアニメとかの方がコスパいいよね。って思っちゃう事があるんですよね。

 

 

◆言い換えればそれはオタクがカジュアル化したからではないか 

んで、それって何かなって考えてみると、オタクがやっぱりライト化、カジュアル化し蔑まれる対象からファッションの一つになってしまったからと言う要因があるのではないか?と考えたんです。

 

何が言いたいのかと言うと、昔はルサンチマンみたいなものを持っていた人達が、何か表現したいけれど表現できる場と言うものが限られていて、そのエネルギーがエロゲーと言うジャンルに集まっていたんじゃないか。

 

でも今は、インターネットを通じて自分の書いた小説や絵と言う表現をする場が増えた事によって、そう言ったエネルギーの発散場所が増えてしまい、どうしてもその時代から見劣りしてしまっているんじゃないか。その傾向がオタクカルチャー全体に広がってきているのかなぁと感じているのです。

 

 

・・・まぁ、ただの古参厨ですね。あの時代は良かった(暗黒微笑)

 

 

◆結論:自分の感性と世間がズレている 

そんな感じで、クソみたいな言い訳をしてみましたが、そもそもそう言った”文化”と言うのは時代とともに移ろい変わりゆくものです。

 

単純に自分の持っている感性が世間(流行)と年を重ねるごとにズレてきていて、そして目に見えるカタチとなってその差が現れてきただけなんだろうなぁと。

 

そんなことを雑に思いました。

 

 

そんなかんじで。

おしまい。

艦これオーケストラ2017行ってきた話

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

f:id:kuramu000:20170430175908p:plain

2017/04/30(日)14:00から開催された「「艦これ」オフィシャル クラシックスタイルオーケストラ Grand Fleet Tour 2017」に参加してきました。

抽選の結果、選ばれた席は真ん中の真ん中でした。後ろの席の人で、なんか中央に異様に身長高いやつおったけど?って思った人いるかとおもいます、それ私です。ほんとすみません。

内容は一言で言って、めちゃくちゃ良かったです。

 

●艦これオーケストラ 公式サイト

http://kancolle-orchestra.com/

 

 

◆服装について

公式サイトにて「「スマートカジュアル」もしくは「平服」にてお越しください。」と書いてあることもあって、いろんな人が気にされているかと思うんですけれど、普段街中に出かける時に着るような服装でも特に問題ありません。

 

私もTシャツになんちゃってジャケットを羽織って、Gパンを履いてるみたいなスマートカジュアルと言うよりかはカジュアルだよね。って服装でしたけれど、怒られたりみたいな事はありませんでしたし、そんな感じの服装をしている提督さんも沢山いらっしゃいました。

 

同じ規模の舞台とかにたまに行くんですけれど、そういったトコロでも同じような服装で入っていますが、止められると言うことも今まで無かったので、日本はそういった文化なんだなぁ~って言うのが大体分かってきました。

 

アロハシャツに短パン、サンダルみたいなのだったり、肩パットにトゲがついてるみたいな奇抜な格好ではなければ怒られたりはしないと思いますので、気負う必要はないと思います。

それでもやっぱり気になると言う方は、スーツにするか公式に問い合わせてみるのがいいかもですね。

 

 

◆物販について

物販は各回ごと(夕方・夜の回ごと)に整理券の配布を事前に行われていて、私が参加した回(14:00公演の回 )では、朝9:00から整理券の配布が始まったそうです(Twitterの情報より)

 

私は11:00頃ぐらいに整理券を受け取りましたが、その時点で整理券の番号は160番台を受け取っていました。また整理券を受け取る時には、実際のコンサートのチケットを提出(済と書かれたハンコを押してもらう)する必要があるので、複数購入したり、チケットは無いけれど物販は行く!などは難しいかと思います。

 

実際の物販は12:00頃より整理券番号順に列形成、12:30頃から販売開始と言うかんじでした。私は13:00頃には品物を受け取っていました。レジは約20列で、数多くの提督たちをシステマチックにさばいていくその姿はすごかったですね。

 

物販はぜんぶ買った。8000円とか実質無料だな~!とか、もっと課金させてほしかったな~!とか思った。 訓練されてますね。

物販は前回からも相当数用意しているみたいで、売り切れだとか完売みたいなのは聞かなかったので、よっぽどの事がない限り焦らなくても買うことはできると思います。

ただ、結局並んで待つ事も考えると、30分~1時間はやめに会場について整理券をもらうぐらいが一番無理なく楽しめるんじゃないかなーと思います。

 

 

 

◆コンサートについて

5/2のブラウザ版イベントにて出て来ると思われる「大鷹」ちゃんのアナウンスとともに14:00に公演が開始されました。

奏でられるセットリストは前段作戦、後段作戦と題し艦これのイベントを思わせるように作られておりファンは思わずニヤニヤしてしまうこと間違いないでしょう。

 

※※※(艦これスタイル4に収録されている情報より・これ以上が知りたい方は是非開場で見て、聴いてください)※※※

 

◆前段作戦

・作戦発動

・全艦娘、突撃!

・索敵機、発艦はじめ!

・飛龍の反撃

 

◆後段作戦

・海上護衛戦

・決戦!鉄橋海域を抜けて

・モドレナイノ

・二水戦の航跡

・次弾装填、再突入!

・武蔵の帰投

・母港

・昼戦

・夜戦

・提督との絆

 

某曲で、バレリーナの方に踊ってもらって、提督たちで手拍子をした会場の雰囲気は一体感があって、本当に一言で言って最高でした。(なお語彙力)

これは艦これじゃないと味わえないな~って思いました。

あと、オペラ歌手?の方なのかわからないですけれど、そういった方もいらっしゃいました。やっぱ肺活量すげぇな!とか、どこから声だしてるの。ってめっちゃ気になりました。

 

前段作戦は大体40分くらいで、20分の休憩を挟み、後段作戦へと移ります。後段作戦は大体1時間ぐらい。その前段作戦の前後、後段作戦の前後に、会場限定の「大鷹」ちゃんのアナウンスが流れます。

また、休憩時間にいつもは混む女子トイレがスカスカで、男子トイレに列ができる光景は、なかなかに見れないもので、面白かったですね。

 

男女比は参加者の9割は男性で1割かそれ以下が女性って感じでした。

年齢層は比較的高かったです。チケット代が1まんえんするからね。仕方ないね。

 

 

◆個人的にグッときたこと

私個人的にグッと涙腺に来てしまったのは、バイオリニストの方々の何人かの首元に痣があったことでした(バイオリニストの方が物凄く練習した時とかにできるもの)

 

身体にこういったキズが出来てしまうと言うのは、それだけ努力した証でもあるんですよね。そういった努力を積み重ねた人達にスポットライトが当てられる場がある。それは、一種の救いだと、、、あまりにも感動をしてしまったのです。

 

その背後には、スポットライトが当たらない人も数多くいたり、同じように、、、むしろそれ以上に努力を積み重ねた人もいるでしょう。でも、スポットライトが当たる人と言うのは、どうしても限られてくる。プロと言うのはそう言った残酷な世界だ。

 

それは、私も同じだ。同じ世界にいる。システムエンジニアとして働き、そして私の手は彼らのように汚れているのか、努力を積み重ねてきているのか?と、 自問自答をしてしまった。

 

私は、熱にうなされるかのように、彼らの姿に感銘を受けてしまった。

私の手は彼らのように汚れてはいない。きれいなままだ。 その残酷さも持ち合わせたスポットライトが当たる世界に、君はたどり着けるか?と、そう問われているようで、心が震えました。

 

舞台だけじゃなく、これをきっかけに、色んなオーケストラを見に行ってもいいかもしれないと新しい発見に出会えた、本当にいい機会でした。

また、東京で開催されることがあれば、なんとしても行きます。

提督業やっててよかったなーって思える最高の体験でした。

 

そんなかんじで。

おしまい。

 

f:id:kuramu000:20170430185610j:plain